COLUMN

心療内科・精神科・神経内科の違い

心療内科と精神科や神経内科との違いについて知っておくと、よりスムーズに受診することができるでしょう。

心療内科は主に心身症を扱います(心身症については「心療内科とは」も参照)。心身症は身体疾患の中で、心身相関<心と身体の関係>の病態が関与したもの、つまり、身体の症状にストレスなどの心理社会的因子が関係するものです。このような病態が疑われる場合は心療内科が適切です。

精神科は精神疾患を専門に扱う科です。心の症状、心の病気を扱う科であるということです。心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などのことです。精神症状、精神疾患に関する専門家が精神科医ですから、そういう病態の場合には、たとえ軽症であっても精神科が適当です。心療内科は「ミニ精神科」「軽症の精神科」とは異なります。

神経内科は脳神経系の疾患を取り扱います。 脳血管障害やパーキンソン病、ニューロパチーなどの神経の病気を扱う科です。 この場合の「神経」というのはいわゆる「神経が太い」とか「神経質」という神経ではなく、実際に筋肉などの組織につながって、信号を伝えたりしている実体のある「神経」のことです。

心療内科と精神科は混乱があるようです。大まかに言ってしまえば、身体の症状がメインならば内科または心療内科、心の症状がメインならば精神科ということになります。紛らわしい場合にはどちらかに相談することで、より適切なところへ紹介されることになります。

標榜が心療内科でも実際は精神科という施設も見受けられます。標榜が「内科・心療内科・…」となっていれば、心療内科医か、内科医で心療内科を学んだ医師が担当すると考えられます。「精神科・心療内科・…」などとなっている場合は精神科医が担当と考えられます。 ですから、身体の症状がメインならば前者を受診し、心の症状がメインならば後者を受診すればよいということになります。

実際の目安としては…

  • 身体の症状がメインだが、検査をしても異常がない、あるいは、経過からストレスなどが関連していると思われる。⇒ 心療内科
  • 不眠や不安、イライラ、抑うつ、幻覚など、心の症状がメインである。⇒ 精神科
  • 身体の動きがおかしい、ふるえる、傾く、力が入らないなど神経の異常が疑われる。⇒ 神経内科
  • 身体の症状と心の症状が同じくらいあり、どちらがメインか区別がつかない。⇒ いろんな可能性があるので、まずは内科を受診して器質的な疾患を除外する。
  • 最近ストレスを強く感じることがあり、それ以降身体の調子が悪くなったが、それ以前はそんなことがなかった。⇒ 心療内科

といったことになります。これ以外にもいろんなケースがあり、施設の事情によっても違います。選択に迷うことも多々あるでしょう。 そんなときは、無駄足を運ぶ前に、まずは医療機関に電話で問い合わせをしてみることをお勧めします。

<後記>
心身医学のより本質的なところは、疾患の捉え方やアプローチの仕方にあります。 心身医学は 「こころとからだ、そして、その人をとりまく環境等も考慮して、それぞれの要素を分けずに、その関係性(心身相関)も含めて、統合的にみていこうする医学」 (⇒心療内科とは)であり、心と身体の関係性を重視した捉え方やアプローチを行います。 

このようなアプローチは内科だけでなく、耳鼻科や整形外科など他の科でも応用できます。その場合は「心療耳鼻科」とか「心療整形外科」となりますが、現在標榜が認められているのは「心療内科」のみです。