COLUMN

こころとからだ

人間には身体的側面(からだ)と、心理的側面(こころ)があることはいうまでもありません。身体は人間の目に見える(物質的な)面であり、心は目に見えない(非物質的な)側面です。

人間は両者が一体となった存在であり、この身体(からだ)と心理(こころ)は分離できるものではありません。古来より「心身一如」とも言われます。

米国の物理学者で哲学や心理学にも影響を及ぼしたDavid Bohmは、次のような譬えを通して「身心は相互影響ではなく、むしろ一体となって総体を形成する」と述べています1)。「透明な四壁で囲まれた水槽の中を一匹の魚が遊泳してるとき、互いに直角になる2つの側面に映し出された魚の姿が心と身体であり、魚が人間の実体である。」

例えば心が緊張すると筋肉も緊張し、心が安らぐと身体もゆるみます。このように心が変化すると身体が変化し、身体が変化すると心も必ず変化します。

故河合隼雄氏は、この比喩を引用した「心理療法と身体」の中で、「身体を扱うということは心を扱うことになり、心を扱うということは身体を扱うことになる」と述べています。

心身医学でもこのような視点を大切にしながら、心と身体を分けないアプローチを目指します。
たとえば、薬によって身体の痛みが楽になれば心理的な安心にもつながるし、逆に心理的な緊張は筋肉の緊張を通して血の循環を悪くし、それによって痛みが増してしまうこともあります。

心と身体の一方のみを見ると、車の片輪だけを走らせるようなアプローチになりかねないので、両輪をバランスよく見る視点が重要なのです。

参考文献
  1. 河合隼雄「心理療法と身体」 岩波書店 2000
タグ: