COLUMN

心療内科とは

心身医学というのは、
「こころとからだ、そして、その人をとりまく環境等も考慮して、
それぞれの要素を分けずに、統合的によくしていこうとする医学」
と言えるでしょう。

心療内科とは

心療内科は心身医学を内科の領域において実践する診療科です。

<こころとからだの関係>を「心身相関」といいます。「心身相関」を医学領域に適用したのが「心身医学」です。心身医学では病気を身体面だけでなく、ストレスなどの心理面や家族環境などの社会面をも含め、それらの関係性を評価しながら みていきます。この「心身医学」を主に内科領域に適用した診療科を「心療内科」といいます。

心身相関説明図

心療内科が主な対象とするのは心身症です。

ストレスなどの心理的因子や社会的因子が比較的強く関係した疾患を「心身症」といいます。

心身症の定義は次のようになっています。
「身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、器質的、ないし機能的障害が認められる病態をいう。 ただし、神経症やうつ病など他の精神障害に伴う身体症状は除外する。」(日本心身医学会, 1991)

「身体疾患の中で」とあるように、心身症は身体疾患の一つです。
「病は気から」などと言われるように、どんな病気でも、大なり小なり心身相関の病態があります。例えば、風邪でもストレスがかかると免疫機能が低下してかかりやすくなったり、治りが悪くなったりします。その中で、より心理社会的因子が大きく関与するものを「心身症」として扱います。

「器質的障害」というのは胃炎や気管支炎などの「炎症」や癌をはじめとする「腫瘍」など、物理的(物質的)に異常が生じる障害のことです。これはレントゲンやカメラなどの検査で比較的とらえやすいといえます。それに対して「機能的障害」というのは、器質的な異常がなく、従ってレントゲンやカメラなどの検査をしても異常が見つからないけど、その動きや働き(機能)が障害されているものを言います。例えば消化管でいうと、癌や炎症はないけど腸の動きに異常があり、その為に腹痛や便秘・下痢などの症状が出る”過敏性腸症候群”は機能的障害の代表的なものです。

これらのどちらにも心理・社会的因子が関与しますが、「機能的障害」は、ストレスなどに関連して状態が刻々と変化するので、その関与がわかりやすいといえます。ただし、心理・社会的因子と病気との関連は、単に「心が原因で病気が生じる」というような、単純で直線的なものとは限らないという点に注意する必要があります。

心療内科では、ストレスなど心理社会的な因子と病気の状態との「関係性」に着目して、心身両面からのアプローチを行います。

関連コラム・文献など