RESEARCH

日常生活における心身モニタリングとストレス評価 / Stress assessment by psychophysiological monitering in daily life

現在までの状況

ストレス評価においては従来の施設内での評価のみならず、日常生活下での評価やセルフケアが重要です。本研究では、スマートフォンやウェアラブルデバイスを用いた計測や解析技術を応用し、日常生活下でのストレス評価の方法を確立し、 日常生活下での生理・心理評価とストレス関連疾患や心身の健康との関連について検討しています。

日常生活でのストレス評価においては、生理・心理状態の経時的な指数化に加え、週や日といった時間スパン毎の変化のパターンが重要です。週単位の変化<ウィークデイとウィークエンドなどのリズム>、1日単位の変化<日中の活動と夜の就眠などのリズム>などでその意義が異なるからです。このような変化のパターンが心身の健康に関与しており、ストレス評価において重要であることが示唆されています。

研究の意義

社会活動や心身の疾病に及ぼすストレスの影響はますます大きくなっており、昨今のコロナ禍においてもその重要性が増しています。そのような中、様々な健康デバイスやヘルスマネージメントシステムが開発されていますが、実際に継続して用いられるシステムは少ないのが現状です。

生理・心理指標の週間・日内リズムや変化のパターンに着目し、心身の健康との関連を模索した本研究は、今後、各企業と連携してストレス評価やストレスケアシステムの開発を進める上で、基盤知見となることが期待されます。

Current Status

Assessment and self-care in daily life are important in stress assessment in addition to conventional assessment in facilities. In this study, we have established a method of stress assessment in daily life by applying measurement and analysis technologies using mobile terminals and wearable devices. We examined the relationship between physiological and psychological assessment in daily life and physical and mental health.


In the assessment of stress in daily life, the handling of a relatively large amount of data over time is a problem. In addition to the temporal indexing of physiological and psychological states,
the patterns of changes in each time span, such as weekly and circadian, are important, suggesting that such patterns of change are involved in mental and physical health and are important in stress
assessment.

関連プロジェクト
Publication