COLUMN

Functional level of the brain and psychosomatic medicine

心身医学 で重要な、心と身体の関係< 心身相関 >の機序を理解する上で、
<脳の機能的レベル>を理解することが重要です。

3つの機能的レベル


脳には大きく3つの機能的レベルがあるとされます。

新皮質系

人間的な機能:適応、創造、判断など、意識に上る精神機能のレベル。

大脳 辺縁系

動物的な機能:本能行動、情動、恒常性維持の調整など、情動機能のレベル。

脳幹・脊髄系

植物的な機能: 反射や、呼吸・循環など生命を維持するのに必須の身体機能のレベル。 

身体からみると、まず身体に直結しているのが、3番目の脳幹・脊髄系です。
このレベルは植物的に生命を維持する、生命維持装置のような働きを担い、通常は意識されることはありません。この部位が機能しないと生命を維持することはできません。木でいうと根っこや幹にあたる重要な部位にあたります。

その外側にあって、一番外側の新皮質系との間にはさまれているのが 、2番目の大脳辺縁系です。
発生学的には新皮質系に比べて古く、「情動」や動物的な本能に関与します。明確な意識ではなく、ぼんやりとした意識のレベルです。自律神経、内分泌、免疫系などを統合し、恒常性などの調整を行っています。たとえば、緊張すると心拍が速くなってドキドキしますが、意識的に行っているわけではありません。身体内部の状態を把握する生理システム: 内受容感覚 もこの大脳辺縁系が深く関与しています。

一番外側にあるのが、1番目の新皮質系で、人間らしい高度な機能を司る部位です。高次精神機能に関与し、意識に上るレベルです。この機能は人間で特に発達しており、意識に上る感覚の認識、言葉によるやりとり、意思による判断などを担っています。

心身相関と機能的レベル

心身相関<心と身体の関係>を理解する上で、この3つのレベルを知ることが重要です。
いわゆる「心」=高次精神機能は1番目の新皮質系が担い、「身体」に直結しているのは3番目の脳幹-脊髄系です。
その中間にある、ちょうどサンドイッチの具のようなところが、2番目の大脳辺縁系で、心身相関において重要なレベルです。

たとえば、「何となく調子がよい」「体調が何となくすぐれない」といった感覚は、主に大脳辺縁系の機能であり、はっきりと言葉にできないレベルです。はっきりと意識できなくても、身体はちゃんと好不調などを感知し、適切な生理的調整を行ってくれています。

このような機能を担う大脳辺縁系は、
新皮質系=「心」と
脳幹・脊髄系=「身体」
の「接点」にあり、心身相関<心と身体の関係>の生理的なかなめとなるのです。

(Psychosomatic Labo, Jun 2021)